AmazonConnectによる自動電話通知(7.複数連絡先への電話通知〈構築⑤〉)

AmazonConnectによる自動電話通知(7.複数連絡先への電話通知〈構築⑤〉)

【前回】AmazonConnectによる自動電話通知(7.複数連絡先への電話通知〈構築④〉)
【次回】AmazonConnectによる自動電話通知(7.複数連絡先への電話通知〈構築⑥〉)
【簡易版】AmazonConnectによる自動電話通知(まとめ)

監視サーバーで障害を検知した際に、自動で電話通知できるようにしていきます。ネットワークエンジニアも利用することの多い監視サーバー(Zabbix)で障害検知し、AWS上のAmazonConnectを利用し自動電話を発信します。

今回は下記の条件を満たせるようにAWSの各サービスを利用して自動電話通知の仕組みを導入します。

前提条件
  • 複数の通知先を登録した連絡先リストを持たせる。
  • 連絡先リストに優先度(通知順)を設定する。
  • 優先度が高い人に最初に電話する。
  • 応答が無かった場合、次の優先度の人に順番に電話する。
  • 連絡先リストの最後まで電話しても応答が無かった場合、最初に戻って継続する。
目次

自動電話通知フロー

電話に応答した場合のフロー

電話に応答した場合のフロー
  1. EC2上の監視サーバーで障害を検知し、S3へトリガーファイルを格納
  2. S3のイベント通知機能で、SQS_1にメッセージを送信
  3. SQS_1をトリガーとして、Lambda_1を起動
  4. Lambda_1がDynamoDB_1から連絡先を取得し、AmazonConnectを起動
  5. Lambda_1がAmazonConnectを起動すると同時に、SQS_2へメッセージを送信
  6. AmazonConnectがユーザーへ自動電話通知を実施
  7. ユーザが正常応答し、AmazonConnectがLambda_2を起動
  8. Lambda_2が応答結果をDynamoDB_2に保存(応答OK)
  9. 60秒後にSQS_2をトリガーとしてLambda_3を起動
  10. Lambda_3がDynamoDB_2の応答結果を確認(正常応答しているため、何もせずに処理完了)

電話に応答しなかった場合のフロー

電話に応答しなかった場合のフロー
  1. EC2上の監視サーバーで障害を検知し、S3へトリガーファイルを格納
  2. S3のイベント通知機能で、SQS_1にメッセージを送信
  3. SQS_1をトリガーとして、Lambda_1を起動
  4. Lambda_1がDynamoDB_1から連絡先を取得し、AmazonConnectを起動
  5. Lambda_1がAmazonConnectを起動すると同時に、SQS_2へメッセージを送信
  6. AmazonConnectがユーザーへ自動電話通知を実施
  7. ユーザが正常応答せず、AmazonConnectがLambda_2を起動
  8. Lambda_2が応答結果をDynamoDB_2に保存(応答NG)
  9. 60秒後にSQS_2をトリガーとしてLambda_3を起動
  10. Lambda_3がDynamoDB_2の応答結果を確認
  11. 正常応答していないため、再度AmazonConnectを起動(以降、5から繰り返し)

DynamoDB_2を作成(通知結果を保存するDB)

DynamoDBの「テーブルの作成」をクリックします。

DynamoDB_2の作成開始

下記の通り入力し、「テーブルの作成」をクリックします。

テーブル名::任意の名前を入力 ※ここでは、”amazonconnect-response-status”としています。
パーティションキー:「No」と入力し、「数値」を選択
ソートキー:「Name」と入力し、「文字列」を選択

DynamoDB_2の作成

テーブルが作成されたことを確認し、テーブル名をクリックします。

DynamoDB_2の作成確認

「項目を表示」をクリックします。

DynamoDB_2の項目表示

「項目の作成」をクリックします。

DynamoDB_2の項目作成開始

Noの値は「1」を、Nameの値は「Response」を入力します。

DynamoDB_2の項目作成

「新しい属性の追加」から「文字列」を追加します。

DynamoDB_2の項目作成

属性名に「CallStatus」と入力し、値に「NG」を入力します。入力が完了したら、「項目の作成」をクリックします。

DynamoDB_2の項目作成

項目が追加されたことを確認します。

DynamoDB_2の項目作成確認

Lambda_2を作成(AmazonConnectの通知結果を保存する関数)

関数の作成

Lambdaの「関数の作成」をクリックします。

Lambda関数の作成開始

下記の通り入力し、「関数の作成」をクリックします。

オプション:一から作成を選択
関数名:任意の名前を入力 ※ここでは、”amazonconnect-status-save”としています。
ランタイム:Pythonを選択 ※ここでは、最新版の”Python 3.9″を選択しています。

関数の作成

関数が作成されたことを確認します。

関数作成確認

アクセス権の追加(ロールの設定)

作成された関数の設定タブに移動し、実行ロールをクリックします。

アクセス権の追加

「ポリシーをアタッチします」をクリックします。

ポリシーのアタッチ開始

“dynamo”で検索し、「AmazonDynamoDBFullAccess」にチェックを入れ、「ポリシーのアタッチ」をクリックします。

ポリシーのアタッチ

ポリシーがアタッチされたことを確認します。

ポリシーのアタッチ確認

コードの記述

Lambdaのコードを記述します。

import boto3
import json
from boto3.dynamodb.conditions import Key, Attr

# boto3からDynamoDBへアクセスするためのオブジェクトを取得
dynamodb = boto3.resource('dynamodb')

# "amazonconnect-response-status"へアクセスするためのオブジェクトを取得
responsestatus = dynamodb.Table("amazonconnect-response-status")

# CallStatusを"OK"に変更する関数
def status_ok():
    response = responsestatus.update_item(
        Key={
            'No': 1,
            'Name': "Response"
        },
        UpdateExpression="set CallStatus=:c",
        ExpressionAttributeValues={
            ':c': "OK"
        },
        ReturnValues="UPDATED_NEW"
    )
    return response


def lambda_handler(event, context):
    
    # CallStatusを"OK"に変更
    status_ok()
    
    return {
        'statusCode': 200
    }
コードの記述

Lambda_2のテスト

「Test」をクリックします。

Lambda_2のテスト

テストイベントの設定画面で下記の通り入力し、「作成」をクリックします。

・新しいテストイベントの作成を選択
・イベント名に任意の名前を入力
・引数は不要のため”{}”を入力

テストイベントの設定

もう一度、「Test」をクリックします。

Lambda_2のテスト

DynamoDB_2のCallStatusが「OK」となれば成功です。

DynamoDBのステータス変更確認

以上で、AmazonConnectによる自動電話通知(7.複数連絡先への電話通知〈構築⑤〉)の説明は完了です!

【前回】AmazonConnectによる自動電話通知(7.複数連絡先への電話通知〈構築④〉)
【次回】AmazonConnectによる自動電話通知(7.複数連絡先への電話通知〈構築⑥〉)
【簡易版】AmazonConnectによる自動電話通知(まとめ)

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次