CMLを始めよう!(4.CMLの起動【Windows編】)

【前回】3.VMwareのインストール【Windows編】
【次回】5.CMLのライセンス登録

VMwareへ仮想マシンをデプロイし、CMLの初期設定を行なっていきます。
最後にCMLへログインします。

目次

仮想マシンのデプロイ

VMware Workstationを起動します。
“非営利目的で…”にチェックを入れたまま、「続行」をクリックします。

VMware Workstationの起動確認画面

「完了」をクリックします。

VMware Workstationの起動確認画面

「仮想マシンを開く」を選択します。

VMware Workstationのホーム画面

ダウンロードしたOVAファイル(cml2_p_controller-XXXXX.ova)を指定し、「続ける」をクリックします。

VMware WorkstationのOVAファイル選択画面

「インポート」をクリックします。

VMware Workstationの仮想マシン保存場所指定画面

インポート中の画面を経由し、、、

VMware Workstationの仮想マシンインポート中画面

インポートが完了しました。

VMware Workstationの仮想マシンインポート完了画面

「仮想マシン設定の編集」をクリックします。

VMware Workstationの仮想マシンの設定編集選択画面

CPUやメモリ等のリソースは下記が最小構成となります。

リソースデフォルト設定(最小構成)
メモリ8GB
CPU4コア
ネットワーク1インターフェース
ハードディスク16GB

メモリが8MB以上となっていることを確認します。

VMware Workstationの仮想マシン設定のメモリ確認画面

CPUが4コア以上となっていることを確認します。

VMware Workstationの仮想マシン設定のプロセッサ確認画面

ハードディスクの最大サイズが16GB以上となっていることを確認します。

VMware Workstationの仮想マシン設定のハードディスク設定確認画面

「CD/DVD(IDE)」を選択します。
「起動時に接続」と「ISOイメージファイルを使用する」にチェックを入れ、「参照」をクリックします。

VMware Workstationの仮想マシン設定のCD/DVD設定画面

ダウンロードしたISOファイル(refplat_p-XXXXXXXX-fcs.iso)を指定します。

VMware Workstationの仮想マシン設定のisoファイル選択画面

指定したISOイメージが選択されていることを確認します。

VMware Workstationの仮想マシン設定のisoファイル確認画面

ネットワークアダプタは、「ブリッジ:物理ネットワークに直接接続」となっていれば大丈夫です。

VMware Workstationの仮想マシン設定のネットワークアダプタ確認画面

オプションは、デフォルトのままで大丈夫なので、「OK」をクリックします。

VMware Workstationの仮想マシン設定のオプション確認画面

「仮想マシンの再生」をクリックします。

VMware Workstationの仮想マシン再生画面

以上で、仮想マシンのデプロイが完了です。

CMLの初期設定

ここからCMLの初期設定を行なっていきます。
「Continue」を選択します。

CMLの初期設定画面

EURA(使用許諾契約)が表示されるので、「Accept EULA」を選択します。
※Tabキーで選択し、Enterを押下します。

CMLの初期設定のEULA確認画面
CMLの初期設定のEULA確認画面

そのまま「Continue」を選択します。
※以降で作成する2つのアカウントの説明です。

CMLの初期設定のアカウント説明画面

そのまま「Continue」を選択します。
※操作説明です。

CMLの初期設定の操作説明画面

初期設定では以下の2つのアカウントを作成します。

アカウント説明
システム管理者CMLサーバー・OS自体の管理者。
コックピット画面からログインし操作を行う。
初期ユーザー
(管理者権限)
CMLコントローラーの初期ユーザーアカウント。
Webブラウザからラボ画面にログインし操作を行う。

システム管理者のユーザー名、パスワードを設定します。※英字キーボードになっている場合はあるため、パスワードに記号(!@$_-等)を使用する際は注意が必要です。

CMLの初期設定のシステム管理者のユーザー名、パスワード設定画面

初期ユーザーのユーザー名、パスワードを設定します。※英字キーボードになっている場合はあるため、パスワードに記号(!@$_-等)を使用する際は注意が必要です。

CMLの初期設定の初期ユーザーのユーザー名、パスワード設定画面

環境にあわせてネットワーク設定を行います。
「DHCP設定」か「手動でのIPアドレス設定」のどちらかを選択します。

CMLの初期設定のネットワーク設定確認画面

手動でネットワーク設定を行う場合は、IPアドレス、サブネットマスク、デフォルトゲートウェイ、DNSサーバーを設定します。

CMLの初期設定のネットワーク設定の手動設定画面

設定の確認を行い、「Confirm」を選択します。

CMLの初期設定の設定内容確認画面

以下の画面を経由し、、、

CMLの起動中画面

CMLが起動します。

CMLの起動後画面

CMLへログイン

上記で表示されているURL(https://X.X.X.X)へブラウザでアクセスします。
Edgeの場合、下記の画面が表示されるので、「詳細設定」をクリックします。

CMLへのブラウザでのアクセス画面(セキュリティの警告)

「X.X.X.Xに進む」をクリックします。

CMLへのブラウザでのアクセス画面(セキュリティの警告)

ログイン画面が表示されるので、上記で作成した初期ユーザーアカウントでログインします。

CMLのログイン画面

以下のダッシュボード画面が表示されればログイン完了です。

CMLのログイン後画面

これで、CMLの起動は完了です!
次に、CMLのライセンス登録を行なっていきます。

【前回】3.VMwareのインストール【Windows編】
【次回】5.CMLのライセンス登録

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次